2008年10月15日

「風と共に去りぬ」 父の教え



父と娘の会話。恋する相手が結婚すると聞かされ、動揺するスカーレットに、自分の哲学を力説する父。(ポイント)


It’s proud of yourself you are !
お見事です !

You’ve been spying on me !
盗み見してたな ?

It’s my own neck, so it is.
それは私の勝手だ

in the stew やきもきして

Oh, in the stew you’d expect with the barbecue tomorrow-
明日のバーベキューの事でやきもきしていたよ
(直訳 明日のバーベキューの事でやきもきするのを予想するだろう)

nothing but 〜だけ

-and talking nothing but war.
それに戦争の話ばかりで

Have you been making a spectacle of yourself ?
人に笑われるような事でもしてるのか ?
(直訳 お前自身の光景を作っているのか ? )

Now, don’t be jerking your chin at me.
じゃあ 私に突っ掛かってくるな
(直訳 じゃあ 私にお前のあごを動かすな)

It would be with misgivings I’d say”yes”.
私は安心して「よし」とは言わないだろう
(直訳 私か「よし」と言うことに疑いを持つだろう)

no business 知ったことじゃない

Wearing oneself out 身をすり減らす

Got no business wearing herself out.
くたくたになるまで余計なことをする

Englsh.jpg

posted by アスワン白鳥 at 04:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 風と共に去りぬ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月14日

「風と共に去りぬ」 裕福な毎日



アカデミー賞を9部門受賞した奇跡の映画。主演のヴィヴィアン・リーの早口、かつ正確な発音は中級者以上の英語学習に最適と言える。(ポイント)


What do we care if- ? 〜であろうと何を気にする ?

What do we care if we were expelled from college ?
僕らが大学を除名されたってどうってことないだろ ?

Isn’t it exciting ?
わくわくしないか ?

so〜(that)〜  非常に〜なので〜だ(構文)

I get so bored I could scream !
うんざりして叫びそうよ !

There’s going to be a war.
戦争は起こるよ

I’ve got an idea.
いい考えがある

I hadn’t thought about that yet.
そんな事まだ考えてない (ぼんやりしているので過去形)

and so on 〜など

-again and so on.
再び〜といった具合に

set in (好ましくない事が)始まる

The night air fixing set in.
夜風が冷たくなる

no more〜than A Aがそうでないと同様〜でない

You ain’t(haven’t) got no more manners than field hand.
野良働きと同じ位礼儀がなってないんじゃないか


Englsh.jpg

posted by アスワン白鳥 at 07:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 風と共に去りぬ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月10日

「ウォータールー・ブリッジ」 防空壕でのひととき 続き



前回の続き。更に会話がはずみ、別れを惜しむ二人。(ポイント)


be likely to(that)  〜しそうである

It isn’t very likely, isn’t it ?
ありそうもないわね

Oh, that does make it unlikely.
それじゃあ絶望的だな


That may not be so simple.
そんなに簡単じゃない

What were you going to say ?
何を言おうとしたの ?

I wish I could (仮定法)〜であればいいのだが

I wish I could’ve seen the ballet.
本当はバレエを見に行きたかったんだが

I’m sure 本当に

I’m sure it would have been a present memory in the trenches.
その方が塹壕の中で思い出して楽しめるからね
(直訳 それは塹壕の中では思い出のプレゼントになるだろう)

the front 前線

I don’t know anyone at the front and-
私 前線で戦う人と知り合ったのは初めてなの だから・・・
(直訳 私、前線で戦う人を知らない なので・・・)

bring〜home to  〜を自分のものとして痛感させる

I’m afraid that it will bring it home to me now,
これからは他人事じゃなくなると思うと怖い
(直訳 残念なことに これからはそれを自分のものとして受け止めるでしょう)

Not that だからと言って〜というわけではない

Not that I really know you, of course.
もちろん それ程あなたのことを知ってるって訳じゃないけど

Now, look here, I can’t take it.
いや これはもらうわけにはいかないよ

It means so much to you.
君には大切な物だろ

I was beginning to rely on it too much.
最近私 これに頼りすぎていた

Well, that wonderfully kind of you.
そうか それはありがたいな

Englsh.jpg


posted by アスワン白鳥 at 04:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ウォータールー・ブリッジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月09日

マネすることが大切です。



もし、映画の中で1対1の会話になったら、片方の役者のセリフをそっくりそのままマネして声に出してしゃべることを強くお勧めします。役者になったつもりで、出来ればセリフを暗記して感情を込めてしゃべるのです。

そうすると、自分と役者の違いが明白になり、自分の弱点がどこで、どの部分がしゃべりにくいのか、また、相手のどの部分が聞き取りにくいのかが明白になります。

どのような科目の学習であれ、自分の不得意な部分を克服することが上達の近道です。スポーツでも何でも、すべての技能の修得は反復が不可欠です。

もし実際に以上のことを試してみるならば、映画が本物の英語を学ぶ「最高の英語教材」だと分かるでしょう。


Englsh.jpg

posted by アスワン白鳥 at 06:19| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月08日

「ウォータールー・ブリッジ」 防空壕でのひととき



防空壕の中での会話。(ポイント)

now and then 時々

Now and then I wonder.
一応ね (直訳 時々そうかなと思う)

go on (俳優が)登場する

We don’t go on till ten.
10時までは出番がない

take a lot of nerve 度胸が要る

It takes a lot of nerve to miss a colonel’s dinner.
大佐の晩餐会には滅多な事では断れない
(直訳 大佐の晩餐会をはずすのは 相当度胸がいる)

Yes, I suppose it is.
ああ全くだ

and yet それにもかかわらず

And yet, there’s-
それでいて・・・

a certain 幾分かの

I don’t know, a certain amount of excitement about it too.
なんと言うか ある種の刺激もある

around the corner かどを曲がった所、すぐそこに

Around the corner of every second, the fascination of the unknown.
1秒ごとに展開が変わる未知の世界に魅了される

We’re both facing it this instant.
今この瞬間 僕らが会っているように

matter of fact 事務的な

You’re rather matter of fact, aren’t you ?
君は現実的なんだね

Englsh.jpg



posted by アスワン白鳥 at 14:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ウォータールー・ブリッジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。